Posts tagged config

CakePHP ログ出力

1

CakePHP でログ出力させるメモです。

$this->log(ログに出力するメッセージ, ログ種別);
出力するメッセージは文字列でも配列でもかまいません。配列の場合は print_r されたものが出力されます。
ログの種別は LOG_DEBUG で debug.log 、 LOG_ERROR で error.log に出力されます。デフォルトは LOG_ERROR です。

ログファイルは LOGS で指定されたディレクトリへ出力されます。
デフォルトは /app/tmp/logs です。
ただこの定数 LOGS は cake/config/paths.php で指定されているので、app/config/core.php で定義されている定数のように気軽に変更しない方がいいかもしれません。

ログファイルが存在しない場合はファイルを作成してくれます。

出力されるログは下記のようになります。
2007-11-11 06:54:54 Error: メッセージ
LOG_DEBUG を指定するとログの “Error” の部分が “Debug” になります。

この log メソッドは Object クラスにあります。Object クラスは CakePHP の全てのクラスで継承されるクラスなので、コントローラ、モデル、ビューどこからでも $this->log() でログに出力させることができます。

CakePHP 管理画面を作成する方法

1

CakePHP で管理画面を作成する方法です。
管理画面も CakePHP では簡単に作成することができます。

設定

/app/config/core.php の下記のコメントアウトをはずします。
define('CAKE_ADMIN', 'admin');
これで http://www.example.com/admin/controller/action という URL でアクセスできるようになります。
CAKE_ADMIN の値を変更すれば URL の /admin/ の値が変わります。

コントローラ

管理画面で使用するコントローラに管理画面用のアクションを追加します。
管理画面用のアクション名は admin_index のように admin_ が付きます。
この ‘admin’ の部分も CAKE_ADMIN によって変わります。

ビュー

管理画面用のアクションで表示するデフォルトのビューはアクション名と同じです。admin_index.thtml のように admin_ を付けます。

レイアウト

ユーザサイドの画面レイアウトと管理画面はレイアウトが違うことが多いかと思います。管理画面用のレイアウトを admin.thtml のように views/layouts/ に作成します。

管理画面へのアクセス時の共通処理

管理画面のアクセス時の共通処理として、アクセス制限をしたり、画面レイアウトの変更などがあります。
個別にアクションに追加してもいいのですが漏れなどがあるとまずいのでコントローラの beforeFilter メソッドを使用するといいかと思います。
管理画面で使用するコントローラ全てに共通して処理させるために、 /app/app_controller.php の beforeFilter に処理を追加します。
http://www.example.com/admin/contoller/action にアクセスすると
$this->params['admin'] = 'admin'
がセットされます。管理者用URL かどうかにはこれを使用します。また、’admin’ の値は CAKE_ADMIN で指定した値になります。たとえば CAKE_ADMIN を hoge にすると
$this->params['hoge'] = 'hoge'
になります。

if (defined('CAKE_ADMIN') && !empty($this->params[CAKE_ADMIN])) {
    // 管理者用のレイアウトを指定
    $this->layout = "admin";
    // 管理者用ログインチェックなどを行う
}

CakePHP 静的なページの作成方法

1

CakePHP で静的なページを作成する方法です。
正確には CakePHP が出力するページなので静的ではなく動的なのですが、ページを簡単に作成することができます。

  • 出力するページをテンプレートとして /views/pages/ ディレクトリ以下に作成します。
  • 作成したテンプレートが hoge.thtml だとすると http://exmaple.com/pages/hoge でアクセスできます。

これだけで簡単にページを追加することができます。
コンテンツは静的なものですが、ビューなので例えばログイン状態によって表示を変更したりなどできますね。

なぜ /pages/hoge でアクセスできるかというと /app/config/routes.php
$Route->connect('/pages/*', array('controller' => 'pages', 'action' => 'display'));
と定義されているからです。
pages_controller.php/cake/libs/controller/pages_controller.php にあります。
上のルーティングで pages コントローラへのアクセスは全て pages コントローラの display アクションに渡されます。

また、/views/pages/hoge/foo/fuga.thtml というテンプレートを作成すると
http://example.com/pages/hoge/foo/fuga という URL でアクセスすることができます。

ちなみにページタイトルはテンプレートの名前が title タグに入れられます。
タイトルを指定する場合は
<? $this->pageTitle = 'ここにタイトルを指定する'; ?>
とビューでタイトルを指定します。

参考サイト:21 things I learned about CakePHP – Avatar Financial Group

OpenPNE 管理画面を別ディレクトリにする

1

OpenPNE の管理画面の URL は

http://www.example.com/?m=admin

という URL になります。
これは SNS の URL

http://www.example.com/?m=pc

などと同じ index.php を使用しています。

このため、管理画面だけ IP アドレス制限をしたいなどという場合に、.htaccess などで制限ができません。

OpenPNE のセットアップマニュアルには 「6-3. 管理画面を別ドメインで運用する (オプション)」という内容で別ドメインで運用する方法が紹介されています。

しかし、レンタルサーバなどでバーチャルドメインなどが使用できない場合に管理画面を別ディレクトリにして .htaccess などでIPアドレス制限や Basic 認証をかけられるようにする方法です。

- OPENPNE_DIR
  ├ bin
  ├ lib
  ├ var
  ├ webapp
  ├ webapp_ext
  ├ webapp_biz
  └ config.php
- public_html
  ├ config.inc.php
  ├ index.php

の public_html 以下のファイルを public_html/admin ディレクトリ以下にコピーする

-public_html
  ├  admin  (管理画面のディレクトリ名)
    ├ config.inc.php
    ├ index.php
   ・
   ・
   ・

コピーした public_html/admin/config.inc.php を書き換える

< ?php
/**
 * @copyright 2005-2007 OpenPNE Project
 * @license   http://www.php.net/license/3_01.txt PHP License 3.01
 */

define('OPENPNE_DIR', realpath('../../'));        // ディレクトリ階層が違うので合わせるために変更する
require_once OPENPNE_DIR . '/config.php';

// 管理画面のベースURL設定
define('OPENPNE_ADMIN_URL', 'http://www.exmaple.com/admin/');

// 無効にするモジュール
$GLOBALS['_OPENPNE_DISABLE_MODULES'] = array('pc', 'ktai');

?>

これで、htt://www.exmple.com/admin/?m=admin でアクセスできるようになります。

注意点は ?m=admin をつけないとアクセスできません。
また、元の http://www.example.com/?m=admin でアクセスできないように

// 無効にするモジュール
$GLOBALS['_OPENPNE_DISABLE_MODULES'] = array('admin', 'setup');

を public_html/config.inc.php に追加してください。

また、前回のエントリで紹介した 「特定ページを SSL で接続する」 で管理画面を SSL で接続する設定をしている場合は

// 管理画面のベースURL設定
define('OPENPNE_ADMIN_URL', 'https://www.exmaple.com/admin/');

のように URL も忘れずに https にしておかないとアクセスできなくなります。

OpenPNE 特定ページを SSL で接続する

2

OpenPNE で個人情報などを送信するようなフォームや管理画面を SSL で接続する方法です。

SSL を使用するように設定を変更する

openpne/config.phpの以下の行を変更
特定ページを SSL で接続するように設定
define('OPENPNE_USE_SSL_PARAM', false);define('OPENPNE_USE_SSL_PARAM', true);に変更
これだけで特定ページが SSL で接続されるようになります。

SSL を使用したいアクションを追加する

デフォルトで SSL 接続されるようになっているページ以外も SSL 接続にしたい場合は

$GLOBALS['_OPENPNE_SSL_REQUIRED'] = array(
'pc' => array(
    'page_o_regist_prof',  'page_o_regist_prof_confirm', 'do_o_regist_prof',
    'page_o_regist_intro', 'page_o_ri', 'page_o_regist_end',
    'page_h_config_prof', 'page_h_config_prof_confirm', 'do_h_config_prof',
    'page_h_config_ktai', 'do_h_config_ktai_send',
),
'ktai' => array(
    'page_o_login', 'do_o_login', 'do_o_easy_login',
    'page_o_login2', 'do_o_update_ktai_address',
    'page_o_regist_pre', 'page_o_regist_input', 'do_o_insert_c_member',
    'page_o_regist_end',
    'page_o_password_query', 'do_o_password_query',
    'page_h_config_prof', 'do_h_config_prof_update_c_member',
    'page_h_config_easy_login', 'do_h_config_easy_login',
    'page_h_config_mail', 'do_h_config_mail_insert_c_ktai_address_pre',
    'page_h_pc_send', 'page_h_pc_send_confirm', 'do_h_pc_send_insert_c_pc_address_pre',
    'page_h_config_password_query', 'do_h_config_password_query_update_password_query',
    'page_h_config_password', 'do_h_config_password_update_password',
));

となっているところに SSL 接続したいアクションを追加していく。
例えば、携帯ではリマインダーは SSL 接続になりますが PC では SSL 接続ではありません。
そこで PC でも SSL にしたい場合は上の pc の配列にリマインダーのアクションの “page_o_password_query” を追加します。
これで http://www.example.com/?m=pc&a=page_o_password_query という URL は自動的に
https://www.example.com/?m=pc&a=page_o_password_query へリダイレクトされます。

注意点は上記の URL からフォームが送信される ?m=pc&a=do_o_password_query というURL も SSL にする必要があります。
これをしないとフォームの画面は SSL でも送信先が SSL ではなくなってしまいます。

PC 用のリマインダーを SSL にする場合は “page_o_password_query” と “do_o_password_query” の2つを追加する必要があるということです。

確認画面が入るフォームなどではフォーム画面表示アクション、確認画面表示アクション、実行アクションと3つ追加する必要があります。

ユーザに SSL を使用するか選択させるアクションの追加

ユーザが SSL を使用するか選択できるリストというのもあります。

$GLOBALS['_OPENPNE_SSL_SELECTABLE'] = array(
'pc' => array(
    'page_h_config', 'do_h_config_1', 'do_h_config_2', 'do_h_config_3',
    'page_o_login', 'page_o_tologin', 'do_o_login',
),
'ktai' => array(
    'page_h_config',
));

このリストに追加するとフォームの右上やリンクの下に SSL 用のリンクが表示されユーザが SSL の使用をするか選択することができます。

OpenPNE コンテンツをセンター寄せにする

0

OpenPNE のデザインは左寄せなのですが、これをセンター寄せに変更したいという要望がありました。
最初は CSS に
.ext_sub_container { width: 720px;margin: 0px auto; }を追加してみたのですが、やはり IE ではうまく表示できません。
そこでテンプレートを見直すと
inc_header.tpl 339行目
<div align="left">というを
<div align="center">に変更したらうまく行きました。

ちなみに OpenPNE テンプレートのカスタマイズ でも書きましたが
/openpne/webapp/modules/pc/templates/inc_header.tpl
/opnepne/webapp_ext/modules/pc/templates/inc_header.tpl
コピーしてからカスタマイズすると元のファイルを残したままカスタマイズできるのでお勧めです。
その場合は /openpne/config.php
define('USE_EXT_DIR', false);
define('USE_EXT_DIR', true)に変更するのをお忘れなく。

OpenPNE 画像を色々なサイズで表示する

0

以前書いたエントリ「OpenPNE 画像の保存、表示方法 」で、OpenPNE にアップロードした画像の表示方法を紹介しました。

表示方法は下記のとおりです。
<img src=&qt;({t_img_url filename=$pet.image1 w=180 h=180})&qt;>

しかし、この方法では 240×240 のような画像が表示できませんでした。
ソースを追ってみると設定ファイルで許可するサイズを設定するところがありました。

openpne/config.php
$GLOBALS['_OPENPNE_IMG_ALLOWED_SIZE'] = array('76x76', '120x120', '180x180');

この配列に ’240×240′ を追加すれば 縦か横の長い方が 240px の写真が表示できます。
また、
$GLOBALS['_OPENPNE_IMG_ALLOWED_SIZE'] = array();
のように空の配列にすれば制限がなくなり、自由に大きさを指定できます。
ただ、制限はかけておいた方がいいでしょう。

OpenPNE テンプレートのカスタマイズ

1

OpenPNE は Smarty を使用していますが、そのテンプレートを修正したい場合、直接オリジナルのテンプレートを編集するのではなくカスタマイズ用のテンプレートを作成して修正することができます。

ディレクトリは下記になります。
オリジナルのテンプレート
/openpne/webapp/modules/pc/templates/
カスタマイズ用のテンプレート
/openpne/webapp_ext/modules/pc/templates/

/openpne/webapp_ext/modules/pc/templates/ ディレクトリは最初からはないので作成します。
次にカスタマイズしたいテンプレートをオリジナルのテンプレートディレクトリからカスタマイズ用のディレクトリにコピーします。

次に /openpne/config.php の
define('USE_EXT_DIR', false);

define('USE_EXT_DIR', true)
に変更すれば、カスタマイズ用ディレクトリにテンプレートが存在すればそちらを優先して使用されます。

カスタマイズ失敗してもカスタマイズ用のテンプレートを削除すればオリジナルのテンプレートが使用されますので、便利ですね。
この /openpne/webapp_ext/ ディレクトリはテンプレート以外でも webapp ディレクトリのファイルを上書きできます。

Smarty のマルチバイト対応

0

マルチバイトの文字列を指定行数で強制改行する仕様があって、wordwrap 関数をマルチバイト化してさらに Smarty のプラグインを作ろうと思っていたらありました。

Smarty のマルチバイト対応
Artisan Version管理システム

マルチバイト処理に弱いとされる、Smartyをマルチバイト対応とし、よりアプリケーション内で役立てることができるよう、オリジナルの関数や、関数に改造を行っています。

CakePHP ヘルパーの出力を echo を使わずに出力する方法

1

※この投稿の方法はバージョン1.1 までしか使用できないようです。1.2 のソースを確認したところ、$html->input の$return パラメータはなくなっていました。/app/config/core.php に AUTO_OUTPUT という定数もなくなっていました。ご注意ください。

Cakephp のヘルパーを使用していて
<?php echo $html->input('Model/filed', array()); ?>と書くところを
<?php $html->input('Model/field', array()); ?>と echo を使用せずに出力するには
/app/config/core.php
AUTO_OUTPUT = true;にすれば、自動的に出力するようになります。

私はつい echo を書き忘れてしまうので助かります。

ヘルパーのメソッドの $return パラメータを true にするとこの AUTO_OUTPUT を無効にすることもできます。
ただ、各メソッドによって、$return パラメータの位置がバラバラなので、書くときにはヘルパーのソースを確認する必要があるかと思います。

ちなにみに input の場合は
<?php $html->input('Model/field', array(), true); ?>とすると自動出力を抑止できますので、上記は何も表示されなくなります。

CakePHP 日本語マニュアル
10章 ヘルパー

Go to Top