Posts tagged web development

需要の高いWeb開発に関する10のスキル

0

最低でも1つは極めたい、需要の高いWeb開発に関する10の技術:phpspot開発日誌

1. MVC等、各種フレームワークの知識
2. JavaScript、Flashを使ったウィジェット作成の技術
3. 独自のCMSテーマを作成する技術
4. CMSのカスタマイズやプラグイン作成を行える技術
5. PSDファイルをXHTMLに変換する技術
6. JavaScript開発技術、JavaScriptプラグインの作成技術
7. Facebook/Myspaceアプリの作成技術
8. iPhoneアプリケーション作成技術
9. Eコマースの導入技術
10. Flash&ActionScriptの技術

(続きを読む…)

CakePHP select タグの選択していないときの状態を指定する

0

Cute CakePHP Trick of the Day – GenerateList Empty Slot In List | Web Development 2.0: Web Design, CakePHP, Javascript
で select タグの選択していないときの状態の値を指定する方法が書かれていますが、この方法は間違っています。

元のエントリのコメントでも指摘されていますが、ヘルパーのメソッドの使い方が違います。コードを実際に書いて検証してみれば、動かないのがすぐに分かります。

元の紹介されている方法はそもそも PHP の文法的におかしいのでそこは適当に修正して紹介します。(変数名に $ がなかったり、generateList() を出力をどこにも保存していないかったりします。)

コントローラで下記のように generateList でリストを取得して
$state_id = $this->State->generateList();
ビューで
echo $form->input($state_id, array('empty' => '--'));
と紹介されています。

CakePHP1.1 の Formヘルパーには input メソッドがないので CakePHP 1.2 でのやり方だと思いますが、実際に Form ヘルパーの input メソッドは
function input($fieldName, $options = array())
と定義されています。上記のように書くと

で、実際にはどう書けばいいかというと
echo $form->input('Model/Field', array('empty'=>'---', 'type'=>'select', 'options'=>$state_list));
または、
echo $form->select('Model/Field', $state_list, null, null, array('empty'=>'---'));
と書けば select タグの先頭に
<option value=''>---</option>
と入ります。

CakePHP1.1 では 「CakePHP HTMLヘルパーで select タグを表示する」のエントリで書いたように結構面倒だったので新しい Form ヘルパーは使いやすいですね。

Go to Top